Design デザイン

新たな景観を街に創造する、洗練されたタワーフォルム。

TOWER DESIGN 新しい豊かさの象徴として、タワーレジデンスデザイン。

豊かな個性と存在感を美しく主張する、全邸南向きのタワーデザイン。

空へと垂直に伸びるガラスウォールが存在感を美しく主張する、全邸南向きのタワーデザイン。南からの光と風を迎え、明るく開放的な住まいを表現するファサードは、ガラスの意匠性やバルコニー形状などをランダムに配置。ホワイトとダークグレーを基調とした風合いのある外壁タイルの貼り分けは表情に個性を添え、変化に富むデザインを生み出しています。

  • 磁器質タイル(外観)
  • 磁器質タイル(外観)

設計コンセプトは、
                    洗練の中に遊び心を感じさせる、「北欧ナチュラルモダン」。
                    北欧ナチュラルモダンの特徴は、洗練された美しさの中にも遊び心を感じさせる飽きのこないデザイン。末永く快適に暮らすにふさわしいライフステージとして、歳月を重ねるほどに住む人の誇りと愛着が深まる価値観を築き、街の景観に深みを添えます。

迎え方にも豊かさを。ひとつひとつが、高揚感を連れてくる。

PUBLIC DESIGN ひと味違った印象を紡ぐことが、共用スペースのテーマ。

変型敷地を活かし、カーライフシーンの演出も含めてスペース効率を最大限に追究。車寄せへとアプローチを促すエントランス、機能性と意匠性の両立を図ったタワーパーキングおよびエレベーター設計など、住む人、訪れる人の心に高揚感を連れてくるような、豊かなパブリック空間をデザインしました。

TOWER PARKING & PARKING

敷地内に2基のタワーパーキングを併設し、全邸分の駐車スペースを確保。

駐車場はタワーパーキングから平置式駐車場まで合わせ、敷地内に全邸分(90台)を確保し、EVコンセントも設置しています。タワーパーキングは2基あり、車の向きが変えられるターンテーブルにより出入庫も一層スムーズ。風雨や直射日光から車を守り、防犯性に優れている点も特徴的です。

タワーパーキング (76台) 屋外駐車場 (平置式・機械式) (14台) バイク置き場 (8台) 屋内自転車置場 (全邸分)

ENTRANCE

ガラスルーフの車寄せが格調を印象づける、スタイリッシュな迎賓の設え。

車での送迎や荷物の積み降ろしをスマートに演出する、車寄せのあるエントランス。
雨の日にも重宝する、大きく張り出したガラスルーフがスタイリッシュで格調高く、訪れる人を気持ち良く迎える気配に満ちています。

LANDSCAPE DESIGN 緑に憩い、光に寛ぐ贅沢な時間を手に入れる舞台づくり。

中庭の風景に季節の移ろいを感じたり、シンボルツリーに集まる木漏れ陽に心地よさを見つけたり。
人と自然、人と人とのふれ合いの場や、緑が連なる植栽計画など、日々の暮らしに豊かな潤いをもたらす工夫を敷地いっぱいにデザインしました。

ENTRANCE HALL & LOUNGE

光と緑の開放感に包まれながら中庭を見渡すテラスのある空間。

明るい光がたっぷり差し込む開放的なエントランスホールとラウンジからは、シンボルツリーを擁する中庭の景色も見渡せます。
時には中庭に出て、風にそよぐ緑を愛でる。そんな、自然に癒されながら寛げる場所です。

GARDEN

シンボルツリーの下に人が自然と集まり、豊かな交流が育まれる中庭。

ラウンジに面した中庭には、シンボルツリーを囲むサークルベンチを設置。
読書にふけったり、散策を楽しんだり、子どもたちも安心して遊べるスペースは、人が自然と集まり、住人同士の豊かな交流を育みます。

四季折々の彩りを楽しむ、豊かな潤いと癒しをもたらす多彩な植栽プラン。

敷地全体を囲むように緑が豊富に連なる植栽プラン。シンボルツリーはじめシマトネリコやシラカシなど、四季折々の彩りを楽しめます。暮らしに豊かな潤いと癒しを届けてくれるのはもちろん、地域の人々にも愛される、美しい景観づくりに貢献します。

  • シマトネリコ

    シマトネリコ

  • シラカシ

    シラカシ

  • アラカシ

    アラカシ

  • ギボウシ

    ギボウシ

  • フイリヤブラン

    フイリヤブラン

  • フッキソウ

    フッキソウ

  • フィリフェラオーレア

    フィリフェラオーレア

※掲載の植栽写真は、すべてイメージです。

ELEVATOR

利便と安心を兼ね備える2基のエレベーター。

上階層へとスムーズにフロア移動できるよう、2基のエレベーターを設置しました。エレベーターホールはガラス張りで明るい光が差し込む開放的な空間(1階は除く)。日々快適に使える一方で、万一の災害時には、1基が非常用エレベーター(救助活動用)として自家発電で稼働するため安心です。

  • 郵便物を保管するメールボックスと、留守中に届いた荷物等を保管できる宅配ボックスを設置しました。

  • 非常時に備え、簡易トイレや折り畳み水タンク等の防災用品を収納した防災備蓄倉庫を設置。

  • 非常時の電力を確保する自家発電装置を設置。停電時には共用部と専有部に電力を供給します。

※掲載の写真は2015年9月に撮影したものです。