Safety 免震 & 防災

万一の災害にも家族を守り財産を守る。そして、その後も住み続けられる住まいを目指しました。

大地震の揺れを軽減する 免震構造 災害後の生活を見据えた 防災対策

地震の揺れを軽減する“免震構造”と、生活への影響を抑える“防災対策”という2つの側面から住まいの安全性を向上。
地震から生命や財産を守るだけではなく、大地震の後も住み続けられる、都市のシェルターとしての住まいを目指しました。

大地震の揺れを軽減する 免震構造 地震のエネルギーを免震装置が吸収して地盤の揺れを直接伝えない免震構造。

地震のエネルギーを免震装置が吸収して 地盤の揺れを直接伝えない免震構造。

基礎部分に配された免震装置が地震エネルギーを吸収・制御。建物内に伝わる揺れを軽減し、被害を最小限にくい止めます。また、地震の大きな揺れは、建物の被害だけでなく、心理的なパニックや家具の転倒・火災などの二次災害を発生させますが、免震構造は大きな揺れを、普通の建物と比べて1/2〜1/5程度に抑え、穏やかでゆっくりしたものに変えるため、それらの不安も軽減されます。

免震装置

免震装置

免震装置は、大規模の地震を想定した上で、建設地の地質や建物の高さ等を計算し綿密に検証した結果、高減衰ゴム系積層ゴム(一部天然ゴム系積層ゴム)と、オイルダンパーの組み合わせを採用しています。

免震構造概念図
高減衰ゴム系積層ゴム支承

特殊配合を行った減衰性の高いゴムと鋼板を交互に積層させた免震装置で、大きな柱軸力をしっかり支えると共に地震時には変形し、地震エネルギーを吸収します。

オイルダンパー

建物の揺れに合わせてシリンダー内のオイルが流れる際に生じる流体抵抗力を減衰力として利用したもので、揺れを早期におさめる効果があります。

基礎部分に配された免震装置が地震エネルギーを吸収・制御。

免震構造概念図 免震装置が地震エネルギーを吸収。
建物に加わる地震力を1/2〜1/5程度に低減します。 建物本体の被害を抑えます。地震時の加速度を1/2〜1/5程度に低減します。 家具の移動、転倒を防止し、二次災害の発生を抑制します。 上部構造の建物の変形を低減します。 ガラスの破損、サッシ、ドアの変形を防ぎます。
免震のパイオニア「奥村組」と、安心・安全な住まいを求め続ける「一条工務店」の理想が一つに。 「一条レジデンス三河安城」の施工を手掛けるのは、1986年日本で初めての本格的免震ビルを完成させた(株)奥村組(東証一部上場)。奥村組は、明治40年(1907年)の創業以来、「堅実経営」と「誠実施工」をモットーに歩んできました。国内初の実用免震ビルを建設。以来、免震のパイオニアとしてマンション、病院、防災拠点など、全国各地で多くの免震実績を重ねています。

災害後の生活を見据えた 防災対策 災害発生後、約72時間(3日間)を想定し、生活を維持するための「電気」・「水」・「情報」等を備えています。

電気 1住戸あたり 500w × 約72時間 電力を供給する 非常用自家発電装置を設置

停電時に電力を確保する 非常用自家発電機(各住戸5A)。

停電の際には「非常用自家発電機」から約3日間、各住戸の冷蔵庫置場とリビング・ダイニング入口の2箇所に設置した専用コンセントと非常用照明に電力を供給します。冷蔵機能の維持とTVや携帯端末の充電等を想定した5アンペア(500ワット相当)×3日間/戸の供給により、容量の範囲内でのその他の電源にも使用できます。

災害後も住み続けられるように 各住戸に5A供給

万一の災害で停電しても電気が使えます。

停電時に電気が使えるように 非常用コンセントを設置。 (冷蔵庫・TV・携帯端末の充電等を想定) リビング・ダイニングに非常用照明を設置。 共用部 共用部にも電力が供給されます。 ●非常用エレベーター ●共用照明(一部) ●オートロックシステムなど
  • ※被災の状況により電力を供給できない場合があります。※稼働時間は燃料満量時前提です。また使用状況により稼働時間が変わる場合があります。
水 1世帯(4人家族を想定) 700ℓ超の給水体制 2ℓペットボトル 約350本相当分確保

災害時の飲料水を確保する 受水槽(約380リットル※1)。

災害時の飲料水確保のために、受水槽を設置。受水槽から各階共用部へ汲み上げて、一世帯あたり約380リットルの水を提供することが可能です。

飲用水 約380ℓ生活用水 約370ℓ

生活用水として使える、 エコキュート(約370リットル※2)。

住戸内エコキュートの貯水タンクから、約370リットルの水が直接取り出せるので、もしもの時には生活用水として使用できます。

参考写真
  • ※1日当り1人約30ℓ相当を確保。4人家族×3日間で約380ℓ相当となります。※数値は受水槽が満水時の80%相当を想定。朝晩など水の量により上記の給水量を保証するものではありません。※共用の散水栓から給水する設備を構築しております。
  • ※2エコキュートによる約370ℓの給水量は貯水タンクが満水時のものであり、給水量を保証するものではありません。※配管等設備の損傷などで使用できない場合があります。
情報 情報源を確保 (TV・ラジオ・携帯など)

非常用電力により情報収集可能な環境を確保。

非常用自家発電機により電力を供給するため災害などの緊急時にも情報収集可能な環境を確保できます。テレビやラジオをはじめ携帯電話への電力供給を保ち情報を入手、災害の状況などを把握でき、安心感を高めます。また共用施設※には「Wi-Fi」を設置しました。

  • ※管理室に無線LAN付ホームゲートウェイを設置。※使用時の混雑状況やパソコンの性能により実行速度等が変わります。また、通信が集中した場合、使用できないこともございます。予めご了承ください。
備蓄 簡易 トイレ袋 1,800 枚 折畳み水 タンク 90 個

非常時に備えた「防災備蓄庫」を設置。

安心をお届けするためには、日頃からの備えも重要です。災害など万が一のときに備えて、防災用品を収納できる「防災備蓄庫」を設置しています。

  • ※備蓄品については変更となる場合がございます。
  • ※掲載の参考写真・イメージ写真・概念図については、実際のものとは多少異なります。※備蓄品については変更となる場合がございます。